新規就農した二人です。最近は我流ジビエの話が多いです


by gomasio-penguin
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

あこがれの一品

あこがれの一品、それはずばり「鹿肉の燻製」

手間暇に恐れをなして、遠巻きに眺めていたのですが、今まで。
燻製を作るので一緒にしてあげよう、というAさまのありがたきお言葉により
挑戦の運びに。


まずは鹿肉にスパイスと塩をすり込みます。
f0096416_22254425.jpg
すり込む前に、フォークでグサグサと刺しまくります。
傍らで見ていた相方が
「猟奇的やなあ」とか言うてるのは、一切無視。


ぴっちりラップで包んで一週間、待ちます。
一日一度、モミモミを忘れずに…


燻製作り2日前、肉の塩出しをします。
f0096416_22261665.jpg
夕方から水を張ったところに肉を入れ、たまに水を換えたりして
一晩放置。

翌朝、ちょっぴり切れ端を焼いてみた。
…うふふふ。美味しいやん。
もーちょっと薄味でもいいかもですが
(燻製すると、味が濃くなるそうです)まあいいか。

水分を拭いて、冷蔵庫に一日放置。


燻製作り当日。
肉を縛り上げ
f0096416_22270448.jpg




































午後、A様の燻製作業に便乗。
燻製機に吊るさせてもらって、帰宅。
燻製はA様にお任せ…………



翌日、午前。
A様が完成した鹿肉の燻製を届けてくださる。

で、試食。

おおおおおおおお!!!
f0096416_22292158.jpg
思った以上に、ジューシーで美味しい!!
「ハムに近い感じやね」と、A様。
ありがとうございます~~~016.gif


で、どうしても、このお肉で食べたくなったので…
今日の晩御飯はサンドイッチです!
ええ、あえて晩飯に(爆)


ここ数日の暖かさでグイグイ伸びまくっている、ほうれんそうを玉子焼きにインして
大阪の喫茶店スタイルの卵サンドとともに。
f0096416_22293980.jpg

ああ…また食べたいなあ…
めっちゃ手間かかるけど。
一週間前から準備せねばだけど。


ところで今回は鹿肉の部位としては
内モモ、外モモ,芯玉を使用しましたが
芯玉については筋の間に、血?肉汁?が、たまるような感じで
火の通りが微妙なようだったので
次回は芯玉は使わなくてもいいかな~














[PR]
by gomasio-penguin | 2015-02-24 22:57 | つれづれ